NEWスタイルのキャバクラを使って接待に斬新さを!

キャバクラはお店によってそれぞれコンセプトが異なります。接待に使われることの多いキャバクラは女の子との会話とお酒を楽しむことができます。最近では和風スタイルのキャバクラといったコンセプト系キャバクラも増えている傾向です。新しいキャバクラを知りいつもの接待と違った接待を企画してみませんか?

朝キャバの客層

朝キャバの客層は夜のキャバクラとは客層が異なります。夜に営業するキャバクラであればエリアやお店によって客層は様々です。しかし朝キャバというお店は日の出…朝5時~6時くらいからお昼くらいまでの営業がほとんどです。そんな時間に飲み歩いてるサラリーマンはなかなかいないでしょう。朝キャバのメインの客層は主に夜間に働いてい朝方に仕事が終わる夜営業のキャバクラと同業種といえるいわゆるキャバクラのボーイさんやホスト、他には朝まで飲んでいたキャバクラのお客さんが訪れるというのがほとんどです 朝キャバはセット料金も安いところが殆どで早い時間から、シャンパンや高いボトルを入れて飲む人はあまりいませんしお客さんも夜ほどは多くありません。 ですので、キャストさんの時給は夜に比べると低く設定されています。もちろん売上があれば話は別ですが、ですので夜のキャバ嬢のような接客を期待しすぎるとその差にびっくりするかもしれません。朝キャバで働いている女の子は夜に事情があって働けなかったりキャバクラで働いているのがバレたくないなど、主に学生さんが多いようです。他にも主婦やフリーターといった様々な女の子が働いていますので一度足を運んでみるのも良いまこしれません。

Copyright © 2015 ANK All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る