NEWスタイルのキャバクラを使って接待に斬新さを!

キャバクラはお店によってそれぞれコンセプトが異なります。接待に使われることの多いキャバクラは女の子との会話とお酒を楽しむことができます。最近では和風スタイルのキャバクラといったコンセプト系キャバクラも増えている傾向です。新しいキャバクラを知りいつもの接待と違った接待を企画してみませんか?

様々な営業形態

キャバクラの接客には名目は一緒ですが様々な種類があります。
お店のタイプによってサービスが異なりますので行く前に調べておくといいでしょう。
オーソドックスなキャバクラよりも、いわゆるおさわりが許可されているキャバクラをセクキャバといいます。
セクキャバは、ドレスや和装での接客ではなく下着のようなランジェリースタイルであったり、トップレスだったりします。
しかし風俗と違い性サービスが許可されているわけではありませんので、その点は注意しながら楽しみましょう。
服装以外はオーソドックスなキャバクラと同じように、隣に座ってお酒を作ってくれたり会話をしたりといった接客になります。
開放的な空間ではありますが日頃の悩みやストレスを話すのもよい場所となっています。

日中営業している店舗

さてキャバクラは夜だけ営業しているのではなく、朝や昼もあいているお店があります。
そういったお店を朝キャバや昼キャバと呼びます。
夜勤中心の生活で普通のキャバクラの営業時間中に行けない男性や、仕事帰りのホストの利用率が高いとされています。
朝方の営業ではありますが接客内容は夜と変わらないので、楽しくお酒を飲むことが可能です。
中にはコスプレ系と呼ばれるお店もあります。
そこではセクキャバのような露出の高い衣装ではありませんが、チャイナドレスやセーラー服、アイドル衣装といった服装での接客となっています。
お店によって毎日ではなくイベントのときだけコスプレサービスを行っている店舗もあります。
普通と違った衣装だからといって料金が高く設定されているわけではありませんので、女性との会話だけでなく視覚でも楽しみたいという人に向いているでしょう。

Copyright © 2015 ANK All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る