NEWスタイルのキャバクラを使って接待に斬新さを!

キャバクラはお店によってそれぞれコンセプトが異なります。接待に使われることの多いキャバクラは女の子との会話とお酒を楽しむことができます。最近では和風スタイルのキャバクラといったコンセプト系キャバクラも増えている傾向です。新しいキャバクラを知りいつもの接待と違った接待を企画してみませんか?

キャバ嬢を副業にする

本業がOLの方が副業でキャバ嬢として勤務する場合どちらの収入で確定申告を行うべきでしょうか?OLとして本業を設定した場合、これは副業キャバ嬢での収入が本業の収入より少ないか同程度の場合ですが、この場合はどちらの収入で申告しても税金は大差がありません。副業をどの所得で申告するかが問題になりますがその場合、大きく3つの申告方法があげられます。 1.給与所得として申告…副業をキャバ嬢としての個人事業としての報酬として収入を得ているとします。この場合、本業の給与収入と副業の報酬収入の合計額を計算しこの額から給与所得控除を計算します。そして給与収入から差し引いた金額が合計所得になります。勤務先には源泉徴収票を出してもらいましょう。キャバ嬢としての必要経費は給与所得控除にすべて織り込み済みであるとされ、原則として認められないことがありますので注意しましょう。
2.雑所得として申告…本業が給与所得である場合に給与収入以外の収入はすべて雑収入であると考え申請する方法です。この場合は副業収入-必要経費が雑所得あつかいとなり、「給与所得」+「雑所得」=「合計所得」となります。雑所得が20万円以下の場合は申告は不要です。しかし一般的には報酬の10%の額が源泉徴収として徴収されていてこの残りが支払われているはずです。ですから税金を払っていないということにはなりません。勤務先には支払い調書を出してもらいましょう。1年間の報酬として金額をまとめた支払い調書を申請してもよいですがこの場合は源泉徴収票になります。
3・事業所得として申告…副業のキャバクラ勤務はサービス業に該当します。ですので事業所得であるとして申請する方法です。この場合は副業収入-必要経費が事業所得となります。給与所得と事業所得の合計が所得にとして算出されます。
以上の方法などを用いることで副業の確定申告が可能です、副業として注意する点は事業所得として申請する場合は雑費や必要経費の領収書をとっておく必要がります。

ページのトップへ戻る