NEWスタイルのキャバクラを使って接待に斬新さを!

キャバクラはお店によってそれぞれコンセプトが異なります。接待に使われることの多いキャバクラは女の子との会話とお酒を楽しむことができます。最近では和風スタイルのキャバクラといったコンセプト系キャバクラも増えている傾向です。新しいキャバクラを知りいつもの接待と違った接待を企画してみませんか?

キャバ嬢にも確定申告は必要(2)

キャバクラ店のなかには正しく税申告してキャストに支払う報酬からしっかり源泉徴収(約10%分)の前払いをしている場合と、正しい税申告と源泉徴収の前払いをしていない場合があるので注意しましょう。 勤務先が源泉徴収の前払いをしている場合は最低限の税金を収めていることとなりますので税務署も優先して税務調査をしないという傾向があります。本来はさらに収入にあった住民税、健康保険料を納付する義務が発生します。 キャバ嬢が税申告しないために税務調査が調査に入って、追徴課税されてしまった実例もあります。 ニュースになったのは月収が常に150万円を超えるなど高給取りのキャバ嬢です。そういった方には有名なキャバ嬢も多く税務調査が入るリスクが高いです。 一般的な収入のキャバ嬢であれば絶対とは言い切れませんが追徴がくるケースは少ないと言われていました。しかし今後もマイナンバーの普及により税理士などを入れて税金対策を検討する必要があるのです。 今後も正しく税申告をするかはキャバ嬢本人次第でしょう。しっかり税処理したい方はお店に勤務する前に面接の時点で源泉徴収の10%を差し引かれるかどうかを確認しましょう。そういったお店のほうが税金の申請はやりやすいです。個人事業主として暇のない方は税理士を野党などしっかりとした対策を取りましょう。

ページのトップへ戻る