NEWスタイルのキャバクラを使って接待に斬新さを!

キャバクラはお店によってそれぞれコンセプトが異なります。接待に使われることの多いキャバクラは女の子との会話とお酒を楽しむことができます。最近では和風スタイルのキャバクラといったコンセプト系キャバクラも増えている傾向です。新しいキャバクラを知りいつもの接待と違った接待を企画してみませんか?

キャバ嬢にも確定申告は必要(3)

マイナンバー制度が本格的に始まりキャバクラに働いているキャバ嬢も今後どのような影響があるのか気になっているという人は多いと思われます。 基本的にはキャバクラ勤務のキャバ嬢さんにとってマイナンバーの影響はほとんどないと考えてよいでしょう。 将来的にマイナンバーの方向性がどうなっていくのかという部分はまだ詳しくわかりませんが、店舗に在籍中のキャバクラ嬢または、様々な店舗の派遣として行っている派遣キャバ嬢場合は、在籍のキャバ嬢であっても派遣であってもキャバクラで稼いだ収入は個人事業主と同じ扱いで毎年確定申告をしなければいけません。ですので昼間の会社にばれたくないなどさまざまな理由で確定申告をいないというキャバクラ嬢は多い言っていいでしょう。中には店舗で貰う給料から引かれる源泉徴収で税金を払っていると勘違いしている人もいますですがマイナンバーが銀行口座と紐付けられた場合など今後、税金を収めていないことが分かってしまうかもしれません、しかしマイナンバーから本職のお店にキャバクラで勤務しているということはバレることはほぼないでしょう。もしバレてしまうとしたら高額な収入から推測されるなどという点ではないでしょうか。まとめるならばマイナンバー制度が始まったと言ってもすぐにキャバクラ勤務が昼間の会社にバレる、税金の負担が増えるということはほとんどないと考えておいてよいでしょう。

ページのトップへ戻る