NEWスタイルのキャバクラを使って接待に斬新さを!

キャバクラはお店によってそれぞれコンセプトが異なります。接待に使われることの多いキャバクラは女の子との会話とお酒を楽しむことができます。最近では和風スタイルのキャバクラといったコンセプト系キャバクラも増えている傾向です。新しいキャバクラを知りいつもの接待と違った接待を企画してみませんか?

客層の違い

以前にも書きました昼キャバの客層について、ここでは働く女の子の立場から考えていきましょう。 夜営業のキャバクラではサラリーマンや地元の方などが多く利用しますが一方で昼キャバはホストやキャバクラのボーイさんなどの同業者、同じ風俗業の方がが仕事上がりに利用することが多いといわられいるのです。 彼ら水商売の男性は、サラリーマンが多く利用する夜がお仕事の時間ですので、自分たちの仕事上がりの明け方にやっているお店はほぼなくお酒を飲みに行く時間があまりありませんでした。仕事上がりの明け方から飲めるお店であるファミレスやカラオケ、自宅、寮などにあつまって等で昼キャバができる前は飲んでいたそうです。ですが昼キャバが登場した以降は、朝から昼でもキャバ嬢と一緒にお酒が飲めるということで昼キャバが同じ業界の男性の間で話題となりました。そのため、利用する客層は某業者、サラリーマンや学生さんなどがあまり利用しないという点で身バレしにくい仕事ではないかと言われています。繁華街の多くありますので昼にそこに立ち寄る人もあまりいないだろうと職場を決める方もいるようですね。

Copyright © 2015 ANK All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る