NEWスタイルのキャバクラを使って接待に斬新さを!

キャバクラはお店によってそれぞれコンセプトが異なります。接待に使われることの多いキャバクラは女の子との会話とお酒を楽しむことができます。最近では和風スタイルのキャバクラといったコンセプト系キャバクラも増えている傾向です。新しいキャバクラを知りいつもの接待と違った接待を企画してみませんか?

自分でできるドレスの手入れ01

一部のキャバドレスは自分で手入れが可能です。購入する前に水洗いや手洗い可能かを調べてから買えばある程度自分で選択できます。よりしっかり手入れするならばクリーニングにお願いすると良いですが、手間もお金もかかってしまいますし、戻ってくるまでの時間も取りに行く手間もあります。宅配対応のお店もありますが受け取り時間に家にいないといけないなど、もし少ない枚数で着回していくなら簡単に家で手入れ仕上がらに越したことはないでしょう。
洗濯機で洗う
まずシミや目立つ汚れがないか確認します。汚れのある場合は中性洗剤をブラシに付けて生地の下にタオルを置き、ブラシはこすらず、トントンと軽く叩いて汚れをタオルに移すようにします。汗汚れや油汚れは目立たない場所で試して色落ちや変色などなければ食器洗い洗剤を使っても良いでしょう。中性洗剤推奨のドレスには刺激の強い洗濯ですので、色濃い汚れや襟首など目立ちにくいところだけに使ってください。汚れを落としたらコサージュなど付属品は全部外しファスナーやボタンやフックをしっかり閉じ、裏返してたたみ、洗濯ネットに入れてください。洗濯機のコースは弱でもしくは手洗いで優しく洗っていきましょう。選択が終わったら、シワや色落ちなどの原因になるのでドレスをそのまま長時間放置しない様に注意してください。脱水はバスタオルで包んで弱コース、もしくは軽く水を切ってシワを伸ばしてからハンガーに掛けてバスタオルで挟むように優しく手で押しながら水分を取るようにしましょう。けしてギュッと絞ったりしてはいけません。そしてハンガーにかけてから風通しの良い日陰でしっかり乾かしましょう。ハンガーはワイヤーハンガーでなく少し厚みのあるプラスチック製のハンガーがおすすめです。街の洋服屋さんでたまにいらないハンガーをご自由にお取りくださいと置いてあることがありますが、その際にもらっておくとお店で買うものよりも風通しの良いものが多く、便利です。 手洗い ビーズなどが縫い付けてあるドレスは とってもデリケートです。 糸が切れてビーズが取れる原因になるので 手洗いをしてください。 1.ぬるま湯で洗う 手洗いでドレスを洗う時は30度ほどの ぬるま湯で! 中性洗剤を桶に入れて溶かしてください。 2.裏返して押し洗い ドレスは裏返しにして、押し洗いを してください。 汚れがひどい時は直接、中性洗剤を掛けて つまみ洗いをすると綺麗に落ちます♪ 汚れが落ちたら洗剤が残らないように しっかり洗い流してください。 3.風通しの良い日陰で干す 絞ったりせず、洗濯機の時と同じように ハンガーに掛けてタオルで水分を取り、 風通しの良い日陰でしっかりと 乾かしてください。アイロンをドレスに直接当てると、溶ける 可能性があるので少し浮かせて低温の スチームでシワ伸ばしをしてください。 最初に熱で溶けないか目立たない所で 試してください。ドレスを長い間、綺麗な状態で保つには クリーニングや洗った後の保管方法も 大事です! ドレスを保管するときは、不織布のカバーを 使って色褪せの原因となる、蛍光灯や 太陽の光が当たらないようにしましょう。 また、防虫や除湿も大事です! 防虫剤や除湿剤も活用して大事なドレスを 守ってください。

ページのトップへ戻る