NEWスタイルのキャバクラを使って接待に斬新さを!

キャバクラはお店によってそれぞれコンセプトが異なります。接待に使われることの多いキャバクラは女の子との会話とお酒を楽しむことができます。最近では和風スタイルのキャバクラといったコンセプト系キャバクラも増えている傾向です。新しいキャバクラを知りいつもの接待と違った接待を企画してみませんか?

自分でできるドレスの手入れ02

キャバドレスの洗濯は手洗いをする方法もあります。手洗いの場合も「コサージュやリボンを外すこと」「色落ちやシミの箇所をチェック」することは共通です。 まずドレスがひたひたになるようにぬるま湯に中性合成洗剤を入れよく溶かします、洗剤の量は容器に記載されているものを参考にしましょう。衣類を裏返しにまくります。そして洗剤を溶かし入れたぬるま湯にひたし軽く押し洗いをします。シミや汚れのひどい部分には直接洗剤をつけてつまみ洗いをしましょう。色落ちや色あせの原因、いと移りの恐れもありますのでつけ置き洗いはやめておくとよいでしょう。すすぎは新しくぬるま湯を入れ軽く押し、湯を捨てることを繰り返します。すすいだ後は絞ったりせず、そのまま陰干しするかもしくはタオルを押し当て水気を取り除いてから形を整えて、陰干ししてください。洗濯機洗いと手洗いという方法は違いますがどちらも衣類を傷めないように注意を払うのが最大のポイントです。丁寧に洗いうことえ長くドレスを着続けることができます。 洗濯が終わったあとのドレスは色あせや型くずれを防ぐために、隙間を開けて重ねずに干すとよいでしょう。風が通しのよくなるように衣類同士がなるべく近くならないように干します。 急ぎの場合は除湿機や扇風機を使って風を直接洗濯物にあてるのもおすすめです。その際に風圧でドレスが他の衣類やものに当たらないように注意しましょう。よくこういったドレスの洗濯でみかける陰干しという干し方は「直接陽の光に当てずに日陰で風通しのよいところに干す」という意味です。直射日光に当たると繊維が傷んだり変色したりするものがあるので洗濯後は室内に干すことが大切です。

ページのトップへ戻る